生漢煎 副作用

 

生漢煎の副作用はあるのでしょうか?服用の注意点とは?

 

体の新陳代謝を高め、脂肪の燃焼を助けてくれる漢方薬「 生漢煎 防風通聖散」。

生漢煎、防風通聖散の読み方は、しょうかんせん、ぼうふうつうしょうさん。

 

これは18種類の生薬を配合、生薬から得られたエキスをすべて含んでいるため、効果的に生薬の効能を取り入れることができます。

 

そのため、新陳代謝が促進されて脂肪の燃焼が良くなるとともに、便通改善・利尿作用の向上により余分なものを体外に排出しやすくなります。

 

つまり 生漢煎を飲んでいると、痩せやすい体質に変えることができるということです。
ただし、 生漢煎は高い効果が期待できる一方、薬のため何点か注意点があります。

 

1つ目は副作用です。

 

生漢煎は便通改善に高い効果が期待できます。
しかし体が慣れないうちは、薬が腸に働きかけすぎて下痢を起こしてしまう危険性があります。

 

そのため、体が薬に慣れるまでの間は下痢・腹痛が出る恐れがあります。
特にもともと胃腸が弱く、下痢しやすい方の場合は刺激になってしまうので注意が必要です。

 

2つ目は体質です。

 

生漢煎は高い効果が期待できますが、それだけに場合によっては体に負荷をかけてしまう危険性があります。そのため以下の方は事前に医師に相談するか、飲むのを控えるようにします。

 

まず現在医師の下で治療を受けている方です。

 

この薬は高い効果があるため、今処方されている薬との飲み合わせによっては体に働きかけすぎてしまう恐れがあります。特に下剤を服用している場合は、下痢・腹痛につながる恐れがあるため避けてください。

 

他にも、高血圧・心臓病・糖尿病・甲状腺機能低下・腎機能障害を診断され、今現在腎臓に働きかける薬を飲んでいる場合も念のため注意が必要です。

 

この薬には利尿作用もあるため、一緒に飲んでしまうと腎臓に強い負荷をかけてしまう可能性があるためです。

 

次に、発汗作用が強い人です。

 

この薬は新陳代謝を高めるものです。
そのため発汗作用が強い人がこの薬を飲むと、さらに発汗作用が高まります。

 

汗をたくさんかけば良いというわけではなく、あまりにもひどいと脱水などにもつながる恐れがあるので、注意します。一方、体力に自信のない方、虚弱体質の方も避けておきます。

 

漢方とはもともと体が持っている機能を支え、向上させるものです。
そのためもともと体の弱い方が使うと刺激が強すぎてしまう可能性もあるので、体に不調をきたす恐れがあります。

 

また、デリケートな期間中でもある妊婦さんも避けた方が良いでしょう。

 

そしてかつて漢方を飲んで、発疹やかゆみといった症状が現れた場合も飲まないようにします。
漢方は様々な植物から有効成分を抽出して作られています。

 

しかし、人によってはこれらの有効成分がアレルゲンとなっており、漢方を飲んだ時にアレルギー反応を起こしてしまう可能性もあります。

 

もし漢方を飲んでアレルギーのような症状が出た場合は医師や薬剤師に相談するか、飲むのをやめるようにします。

 

このように 生漢煎は高い効果が期待できますが、その分体質に合っていないと副作用を起こす危険性があります。

 

しかし、副作用にはそれぞれ個人の体質などもありますので、生漢煎を服用したからと言って副作用になるということではありません。また、効果効能には個人差もある為、効果を実感される方、効き目をあまり実感できない方もいます。

 

用法・用量を守って活用すれば、安全にご活用いただける漢方といえるでしょう。便秘や肥満症の改善に生漢煎をお考えの方は、一度試してみる価値はあるかも知れません。

 

※万が一、体質に合わない場合には、服用を中止し、必要であれば医師に相談するようにしましょう。

 

 

生漢煎「防風通聖散」はこのような場面に最適です。

 

 

  • 便秘になりがちの方、お腹が張る、
  • お腹周りの脂肪を燃焼したい
  • 足のむくみが気になる方
  • 肥満症を改善したい、
  • 漢方薬でダイエットに挑戦したい

 

このような場面に「生漢煎」は最適です。

 

ダイエットサプリや健康食品などで、効果を実感できなかった方は、医薬品でもある生漢煎「防風通聖散」を取り入れてみる価値はあるかも知れません。

 

生漢煎は、18種類もの生薬を厳選配合して開発されました。

 

生薬名 効能・作用
カンゾウ 解毒、鎮痛などの効果
キキョウ 膿を排出、気管支炎の改善効果
セッコウ 消炎、解熱、鎮静作用など
ビャクジュッツ 整腸、利尿作用の働きなど
オウゴン 解毒、脂質代謝改善、抗アレルギーなど
ダイオウ 便秘を改善、便通の改善、血行促進など
ケイガイ 抗炎症作用、皮膚疾患に効果
サンシン 精神安定、黄疸、止血、消炎など
シャクヤク 下痢、冷え性、腰痛改善など
センキョウ 血流の流れをよく、生理不順、冷え性など

 

 

肥満は、病気などの疾患を除けば、食事の摂り過ぎなどによる脂肪の蓄積が主な原因です。多くの食べ物を摂っても代謝が良好で、排出もスムーズなら肥満になるリスクは少ないです。

 

ダイエットや肥満症対策には、食事のバランスや生活習慣の見直しも大切になります。生漢煎は生薬を組みあわせることで、安心して代謝機能などを高める効果を期待できます。


トウキ

冷え性、血行障害など

ハッカ

発汗作用、解熱、湿疹など

ボウフウ

発汗、頭痛、解熱、鎮痛作用など

マオウ

利尿作用、去痰、発汗、黄疸など

レンギョウ

消炎作用、皮膚疾患、抗菌など

ショウキョウ

食欲不振、嘔吐など

カッセキ

消炎作用、利尿作用、日射病など

ボウショウ

排便作用、排尿作用など

 

生漢煎「防風通聖散」を飲んでも大丈夫?脂肪燃焼に効果は感じましたか?

 

生漢煎の副作用はあるのでしょうか?服用前の注意点とは?

 

生漢煎(しょうかんせん)「防風通聖散」を実際に飲んでみました。

 

間隔をおきながら約1か月ほど服用しましたが、副作用などは感じませんでした。

 

そもそも飲んでみたきっかけは、「下っ腹のぽっこり」をすこしでも解消するためです。

 

私自身は、肥満体型ではありませんが、中年になってからお腹回りのぽっこりが気になりはじめていました。

 

実際に服用している期間には、毎日10分程度の「筋トレ」も行っていました。

 

筋トレは完全自己流ですが、一般的な腹筋運動も取り入れてみました。

 

腹筋の仕方などまったくわからない場合は、ユーチューブ動画などを参考にしてみると良いかも知れません。ダイエットやボディメイクなどに最適な運動方法(筋トレ)などを紹介している動画もみられます。

 

私の場合は本格的な筋トレではないと思いますが、生漢煎にひと手間加えた感じですね。

 

 

脂肪燃焼に効果は感じましたか?


 

脂肪の燃焼効果は、どの程度あったのか不明です。

 

ただ、下っ腹のぽっこりはお通じの影響もあってか、下っ腹のぽっこりは前よりは軽くなっていました。10分程度の腹筋でしたが、腹筋の効果もあったのだと思います。

 

腹筋をずっとしていなかったので、すこしの腹筋でも効果を感じやすかった面はあったのかも知れません。腹筋をはじめたころは、筋肉痛にもなりました。

 

腹筋の痛みは若い頃とは異なり症状が出るまでの時間が遅くなりました。
忘れたころに痛みが出るというイメージでしょうか。

 

防風通聖散は、脂肪燃焼に効果効能を認められる漢方なので、人によっては体質に合うかたもいると思います。

 

生漢煎の防風通聖散はサプリとは違って、効果をより期待できる漢方薬です。

 

サプリなどのダイエットではあまり実感できなかった人や中年になって代謝などが気になりはじめた方などに最適かも知れません。

 

生漢煎の防風通聖散の感想!便秘に効果は期待できるの?

 

 

下痢や腹痛なども大丈夫でしたか?


 

とくに激しい下痢や腹痛などの症状はありませんでした。

 

しかし、下痢については多少お腹が緩くなった気もします。

 

つまり下痢気味になりました。
よく言えばお通じが良くなった感じですね。

 

そのため詰まり気味の際や肉類をなどを食べた後に生漢煎を意識的に飲むこともありました。

 

便秘に長年悩んでいる母にも単発的に飲んでもらいました。
しかし、母の場合にはそれほど効かないような印象でした。

 

漢方薬なのでどうしても個人差はあると実感しました。

 

もともとお腹が弱い方や下痢気味の方は、服用する前に薬剤師や医師に相談するとよいとおもいます。

 

またそれほど気にならない方は、様子をみながら服用してみたり、休日の日や前日の服用から試してみられるのも安心だと思います。

 

生漢煎「防風通聖散」は下剤ではないと思いますので、それほど心配なないかとは思います。

 

生漢煎「防風通聖散」の感想!飲みやすいですか?

 

生漢煎の副作用はあるのでしょうか?服用前の注意点とは?

 

 

生漢煎(しょうかんせん)は、飲みやすかったですか?


 

とくに飲みやすいというイメージはないですが、とくにストレスもなく服用することができました。

 

時々口の中にしょうかんせんの粒(粉)が残ってしまう時がありました。

 

その際には、漢方薬独特の苦味を多少感じてしまうこもありました。

 

個人的には漢方薬の苦味感は、それほど気にならないほうだと思います。
もし気になる方はお水や口直しの食べ物などを用意しておくのも良いと思います。

 

ちなみに生漢煎を飲んでいた時に、苦味というよりむしろ甘み(?)を感じるような時もありました。

 

漢方薬なので苦味があるほうが個人的には漢方らしくおもいます。

 

味の方の感想としては、顔を歪めるほどの苦味ではないと思いますので、飲みやすいと思います。

 

服用の注意点はありますか?

 

生漢煎の副作用はあるのでしょうか?服用前の注意点とは?

 

しょうかんせんの口コミとしての注意点です。
気になる事や疑問な点は「販売元や薬剤師」などに尋ねてみると良いと思います。

 

  • 服用の前には説明書をご確認してください。
  • もしお薬や病気などで通院中の場合には、医師に相談したほうが安心ですね。

 

薬との飲み合わせなどで、副作用を誘発してしまっては残念です。
個人的に注意していた点は、体の調子をみながら服用していました。

 

生漢煎の1日の用量は「3包」です。

 

生漢煎の副作用はあるのでしょうか?服用前の注意点とは?

 

しかし私は1日に2包にしたり1包に量を減らして飲んでいました。

 

用量を減らすのは逆に良くないのかも知れません(?)が、個人的には体調に合わせて飲む量を考えていました。注意点としての感想はあまりないです。

 

副作用はまったく起こらないものではないですが、誰でも副作用になることはありませんし、ごく希なケースだと思います。

 

もし生漢煎(防風通聖散)を飲んでいて、体調が思わしくないとお感じの時には、「服用をすぐに中止」することが大切です。

 

その後も万一、吐き気や湿疹(しっしん)などの症状がみられるような場合には、医師に相談してください。製品を念のため持参したほうが良いとおもいます。

 

生漢煎の副作用はあるのでしょうか?服用前の注意点とは?

 

防風通聖散は先生(病院)によっては推奨している漢方薬と聞きますし、古くから知られている漢方なので、副作用などの過度な心配はないと言えるでしょう。用法や用量を守って安全に漢方の力を活用したいものです。